「後悔しない為」の家づくりの進め方とは?
人生を楽しむ資金計画
失敗しない土地探しのコツ

『後悔しない為』の家づくりの進め方とは?

STEP1 長期優良住宅を選ぼう

長期優良住宅は、「耐震性」「省エネルギー性」など、法律で定められた9つの基準を満たした長持ちする家です。
長持ちする家ですから年をとったころに建て替え!なんてリスクも少なく、「耐震性」=家族の安全、「省エネルギー性」=冬は暖かく夏は涼しいので住んでいて快適、その上さらに、税制優遇もあります。
もちろんどんな家かにもよりますが、税制優遇で10年間で250万円以上の優遇措置が受けられます。
長期優良住宅であれば優良住宅支援制度(フラット35S)で住宅ローン金利0.3%の優遇を、通常10年間のところ20年に延長されます。
長く安全に快適に住める家、しかも税制・金利の優遇。長期優良住宅は選ぶための最低基準といってもいいですね!

STEP2 価格の仕組みを知っておこう

注文住宅は構造上不可能でない限りは、皆さんのご希望通りに建てることが出来ます。
天井の高さをセンチ単位で指定することも出来てしまいます。
大事なのは、どんな希望をしたらどのように値段が変わるのか、その仕組みを知っておくことです。
住宅のコストは「原材料費」「手間賃」「経費」の3つで変わります。
例えば標準の規格から柱の高さを10cmを変えると、原材料費はカットした部分のロスとその加工費用でかなり上がってしまいます。
打ち合わせや建築途中での変更が増えると経費が増えます。
「原材料費」「手間賃」「経費」の仕組みを意識して、大事な建築資金は自分にとって大事なところから かけていきましょう!


STEP3 安全性は大前提で選ぼう

家は、家族の安全と命を守る存在でなければいけません。
日本という風土の中で、家が果たす役割は、自然災害から家族を守ること。
地震大国と呼ばれる我が国で、どのような技術であれば家族の安全が守られるのか?また、安全で頑丈な造りであれば、何を使用しても良いという訳にもいきません。
家族の健康を支えながら、安心して安全に住める家づくりをすることが大切です。
家を建てるとなると、やはり建物に興味が行ってしまいますが、建物の耐震性能だけでなく、建物を支える基礎と地盤にも注意しましょう。


STEP4 家の価格は「燃費」も含めて考えよう

車を選ぶときって、1リットルで何キロ走るかは大事なポイント!
ですよね? ハイブリッドカーはちょっと高いけど、5年くらいで考えるとガソリン代を考えるとそちらの方が実は安かったり。。。
家だって、暮らすためにかかる費用があります。
車よりもずっと住みつづけるマイホームなのだから、家の燃費はとても大事なポイントです。
では、家の燃費ってなんでしょうか?
家の選び方で大きく変わるのは光熱費。
冷房暖房などのランニングコストが燃費にあたるのです。
これから電気代があがっていくことが心配されてますが、一般の家でいまの電気代で30年間の光熱費を計算すると500万円以上かかっているのです。
「住宅の購入費用+燃費」で考えるのが大事ですね!


人生を楽しむ資金計画


日本人の多くは、家族が増えると家を建てたいという夢を描きます。
旦那さまなら、一国一城の主(あるじ)として。
奥さまは、子供ができると子供をノビノビと育てる家がほしい。
最近では、年老いた親のことを考えて一緒に同居するために。
それぞれのご家族にとって、マイホームの夢は大きく膨らみます。
しかし、いざマイホームを建てようとしたとき、多くのご家族はマイホームという夢を持ちながらも多くの不安を抱えているのです。
それは、

■家ってどこで建てるものなの?

■家を建てても、景気は悪いし、この将来(さき)の生活は大丈夫?

■貯金も少ないし、長期の住宅ローンを組んでも大丈夫かしら?

■そもそも良い家ってどんな家なの?

など、多くのご家族が、このような悩みにぶつかるからです。
こんな悩みを持つのは、あなただけでありません。とても当たり前のことなのです。
なぜなら、多くのご家族にとって家を建てるのは初めての経験だからです。
マイホームを建てたいという夢を持ち、家づくりをしようと思ったら、最初にするべきことは家を建てる夢を描くことではなく、新しい家に住んで楽しい生活することを想像することです。

こんな風に、家を建てた後の生活を夢に描くと、ワクワクしませんか?
そんなステキなあなたの夢を叶えたいと思いませんか?

夢は見るだけじゃなく、叶えるもの。
理想のマイホームでの生活を描いたら、その夢を叶えることができるのか知るために、大切な資金計画をします。

なぜ、資金計画を先にするのか?

「まだそこまで家を建てたいと思ってないよ」と思うかもしれません。
でも、マイホームの夢を叶えるためには知らなければいけないことがたくさんあることも事実なのです。

こうした知識を十分に知らないまま物件見学をして、
「あっ、夢が叶うから家づくりを進めてしまえ!」
と勢いに乗ってしまった場合、本来の予算以上の住宅を購入することになるケースがよくあります。

特に不動産屋さんや大手の住宅会社は、皆さんの夢を膨らませることが得意だったりします。
そこで、夢が膨らみすぎて、自分の予算に合わない家を建ててしまうと・・・

「そのために頑張って働こう!」と思えるご家族は良いのですが 多くの場合、生活が苦しくなり、旅行も我慢、食事も我慢、ガマンガマン・・・ と、夢のマイホームが、いつの間にか地獄のマイホームになってしまうわけです。

R+houseでは、お客さまが“自分の生活にあった最適な家づくり”ができるように、様々なパターンを想定したシミュレーションを通じて、「将来を考えた無理のない自分に合った予算はいくらなの?」

「どのタイミングが自分にとって一番いい?」

など、将来の安心した生活を考えてマイホームの夢を叶えるお手伝いをしています。
勉強というと敬遠される方もいらっしゃいますが、家づくりは人生に一度あるかないかの大切なこと。
後悔しないためにも、きちんと学んでほしいと心から願っています。

もちろん、この勉強会で資金計画をしたからといって、R+houseで家を建てる必要はありません。
私たちのことを信頼できると思って頂いたときに、ご相談して頂ければと思いますので、お気軽にご参加ください。


失敗しない土地探しのコツ


土地をお持ちでない方が家づくりをする上で大切になるのが土地探しですが、あなたは理想の土地が見つかりましたか?

見つかったご家族は、幸運だと思います。
なぜなら、多くのご家族が、良い土地が見つからないからです。
それはどうしてでしょう?実は、ヒミツがあります。

多くの方にとって土地探しも家づくりと同じで、一生に一度だったりします。
あなたは、初めて土地を探そうと思った時、どこに行きますか?
たぶん、不動産屋さんだと思います。
間違ってたらごめんなさい。
でも、多くの方が不動産屋さんに行くと思います。

じゃあ、土地の価格は、どうやって知りますか?
たぶん、新聞広告や雑誌の土地情報を見て、“なるほど~”と知るのではないでしょうか?
そうなると、なんとなくこの地域だと買えないとか買えるとか、自分の中で心に決めて不動産屋さんに行くので、こんな聞き方をしませんか?

そうすると、不動産屋さんは言います。

いきなりこう聞かれるので



と、お話をして帰っていきます。
この時点で、あなたが欲しい場所から、土地の情報は出てこない可能性が高いです。
それは、不動産屋さんにとってみれば、あなたが真剣に土地を買うかどうかわからないので、今、土地が欲しいという家族を優先させて、あなたは後回しになってしまうわけです。
でも、こんな会話になるのもわかります。 土地の適正価格って、あるのでしょうか?その時期の人気エリアや状況によっても価格は変動しますし、誰かが住んでいる土地なら、空き地が出るか出ないかは、ある意味運任せなところも。。。
その上、初めて交渉する不動産屋さん。
自分の予算を伝えると、その予算全部で、提案されるのではないだろうか?
不安がいっぱいなわけです。
そんな不安を少しでも解消するために、初めて土地探しをするご家族向けの勉強会を開催しています。



土地が見つかったら

土地が見つかった後は、次のように流れます。

1.敷地調査

納得のいく土地が見つかったらまず敷地調査をします。
敷地調査は土地の測量をし、法規制、権利関係、地盤の強さなども含め、その土地固有の特性を調べる事です。
R+houseでは、実績のある第三者機関に依頼し、正確でクオリティの高い敷地調査報告書をご提示します。

2.プラン打ち合わせ

敷地調査が終わったら、その特性に合わせた住まいの建築プランの打ち合わせをします。
土地の形や向き、傾き、法規則などを踏まえて、土地の特徴を活かして理想の家のプランを設計していきます。

3.最終プラン・お見積りご確認

打ち合わせを重ねて、納得のいくプラン・ライフプラン的に無理のない費用に辿り着いたら、ご契約・建築開始となります。
納得がいくまでしっかり打ち合わせをして、後悔のない満足のいくマイホームを手にいれましょう。

/
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com

長崎市恵美須町4-7 サンカツビル1F TEL.095-895-5267 FAX.095-895-5268
営業時間/9:00~17:00 日曜定休

Copyright(C) ROOM_ROOM All Rights Reserved.